only living for today


by tomspecial
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画の話( 23 )

1月2月映画鑑賞記録

復活!
自分の為の映画鑑賞記録。
最近映画館にいってないなぁ・・・・

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

『僕のピアノコンチェルト』
製作年 : 2007年 製作国 : スイス
超天才児でピアノの腕も天才的、両親の期待が重すぎて夢は「普通の子になる事」
安らげるのはおじいさんの家にいる時だけ。
ある日2階から飛び、怪我はないものの、知能は普通になってしまう。しかしそれは・・・・


『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』
原題 : NOCKING’ON HEAVEN’S DOOR
製作年 : 1997年 製作国 : ドイツ
病で死期の迫ったふたりの男の人生最後の冒険をクールに描いたロードムービー。
公開当時見たかったと思ったまま見ずにいた映画で思った以上に面白かった。
好きな要素がたくさん詰まっていて、文句なしに好きな映画。
結構コメディタッチで重いテーマがいい意味で軽くなって、それが反比例の作用でジ~ンとさせる。



『地球が静止する日』
原題: THE DAY THE EARTH STOOD STILL
製作年 : 2008年 製作国 : アメリカ
最近地球をよくすくう男K・リーブスの映画。うーーーん、、、、。
ツッコミどころ満載。

『ロッキー2』

『エイリアンVSプレデター2』
うははっはは!こりゃなんだ!
『エイリアン2』

『バックドラフト』
『サンシャイン2057』
『潜水服は蝶の夢をみる』
『4分間のピアニスト』
『ブレイブ・ワン』
『フォーガットン』
えぇ~~ぇぇぇ、、、、な映画。

『ONCEダブリンの街角で』
『カッコーの巣の上で』

『デッ・サイレンス』
「ソウ」の監督脚本コンビによるホラー・サスペンス。
霊系の話だったな。人形(この映画では腹話術人形)が動くってシチュエーションなだけで怖いもん。
ホラーはなんでもありではあるけれどイマイチ納得いかなかったな・・・。

『リトル・ミス・サンシャイン』
去年のアカデミー賞受賞作。
美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の最終審査に通過したぽっちゃり気味の少女・オリーヴのために、あらゆる問題を抱えたその家族が黄色のVWバスに乗って会場まで連れて行くその道中を描いたコメディ。(Wikiより)

祖父さんの置き土産に終わった後もテロップを見ながら思い出し笑い。
じわ~っといい映画でした。
9ヶ月喋らない息子(15歳)が可愛かったな!どんな声で喋るんだろうと思ってみていて、
きっと「そんな声だったのか・・・」とがっかりするような気がしてたんだけど、
予想を裏切り完璧な声だった。(私的に「この顔ならこの声がいい」と思った声にドンピシャだったわけ(笑))
青春映画に出ていた頃のキアヌを思い出す・・・・
この映画も「バックマン家の人々」を思い出す映画だった。(バックマン家の娘のバカな彼氏役ででていた。)
バックマンはキアヌ出演映画の中でも好きな作品。

『たとえ世界が終わっても』
安田顕さんが出てるからみた作品。
この手の感じがニガテなんだよ日本の映画はさ。

『スイニードット』
[PR]
by tomspecial | 2009-02-13 03:03 | 映画の話

7月映画鑑賞記録

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

『ミュンヘン』
大好きな俳優(にして監督)のマチュー・カソビッツが出てた。
ミュンヘンオリンピック事件のテロ首謀者を暗殺する指令を受けた工作員の暗躍を苦悩を織り交ぜて描いている。
事実を元に作られた映画でやりきれなさがのこる。

『プロデューサーズ』
2005年版、真面目で臆病な会計士をマシュー・ブロデリックが好演。(こちらも大好き)
プロデューサー役のネイサン・レインといいさすが、歌も踊りも素晴らしい!!
最低な舞台を作って金儲けをしようと悪巧み、しかし予想に反して舞台が成功してしまい・・・・
ミュージカルでも好きなタイプのコメディ。

『レント』
有名なのでみた。ミュージカル具合が苦手だった。

『プリティ・イン・ピンク』
大好きで何回見たかわからない映画。主人公のモリー・リングウォルトは可愛らしいし、
相手のアンドリュー・マッカーシーもいいし、ジェームス・スペーダーがイヤミな金持ち息子役を好演。
「恋しくて」と並ぶ90年代の青春恋愛映画。
製作のジョン・ヒューズは「ホームアローン」なども手がけるが、青春映画がお得意。

『ラヴェンダーの咲く庭で』
何度も書いてるけど、最近お気に入りのドイツ人俳優ダニエル・ブリューリュ出演。
とっても優しい時間の流れるいい映画。
主人公のジュディー・リンチは最高の女優だわ。
1936年、英国。ある日、浜辺に漂着した異国の美青年と出会った、初老のアーシュラとジャネット姉妹。アーシュラはその若きバイオリニストに恋するようになり、平穏な生活は少しずつ変化していく・・・・
孫ほど離れた青年に恋心をいだくのだけど、初老のはずの彼女が、自然と"恋する乙女"に見えてとても素適。切なくも暖かい気持ちになれる秀作だわ。

『イノセント・ヴォイス-12歳の戦場-』(18日観賞)
1980年代、内戦下の中米エルサルバドルで現実に起きていた実話をもとに描いた衝撃の社会派ドラマ。
日常的に周囲で起きる銃撃戦や迫り来る徴兵の恐怖と闘いながら必死に日々を生きる少年。
12歳で徴兵されるなんて・・・・
そんな中でも無邪気に明るく生き抜く姿に人間の強さを感じずにはいられない。
少年の目線で語られている映画なので映画としては見てられる作りになっているけれど、
事実としてはあまりにも悲惨な出来事。

『イノセント・ラヴ』(31日観賞)
いい映画であった。ゲイ風味の切ない映画が好きならオススメだわ。
この映画はゲイが本題の映画ではないのだけど。
幼少期目の前で年の離れた憧れの兄を失い、母も父も高校生の頃には他界してしまった愛に飢えた男の子が主人公。
これは愛全般をテーマにした映画なんでしょう。
[PR]
by tomspecial | 2007-07-12 22:16 | 映画の話

6月映画鑑賞記録

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(1日観賞)
第3弾を見に行くためのおさらい。

『13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ』(5日観賞)
TVドラマ、エイリアスのジェニファー・ガーナーが主役のラブファンタジー。

『パパラッチ』(6日観賞)
『ニューオリンズ・トライアル』(7日観賞)
『炎のメモリアル』
『パーフェクト・ストーム』
『プリティ・ヘレン』(13日観賞)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(19日観賞)
『バーディー』(22日観賞)
『バーティカル・リミット』(22日観賞)
『ダイ・ハード』(24日観賞)
『マーキュリー・ライジング』(28日観賞)
『ターミネーター3』(29日観賞)
『ウエザーマン』(29日観賞)
『スパングリッシュ/太陽の国から来たママのこと』(30日観賞)

ハ行の映画が多いわ(笑)
[PR]
by tomspecial | 2007-06-03 22:31 | 映画の話

5月映画鑑賞記録

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

『今夜はトークハード』(1990)
VIDEO整理のため古い映画を鑑賞。クリスチャン・スレーター主演。
クリスチャンは好きな俳優。最近あまり見なくなっちゃったけど、彼の映画は貪欲に見ている。
この映画もその1つだった。
気に入ってダビングして保存していたほど。
この映画はクリスチャンがシャイな高校生を演じていてとっても似合って内容も面白いとおもう。
まさしく90年代の青春映画ってかんじだけど。
この映画はサントラも秀逸!
だだタイトルが「どうよ?」ってくらいダサい。

『アローン・イン・ザ・ダーク』(2005カナダ、独、米)
こちらはクリスチャン主演の最近の映画。内容は思い出せないほどのB級・・・C級映画。
人気ゲームの映画化なのだそう。ゲームやらないから全然しらないや。
そういやぁ90年代アイドル俳優?スティーヴン・ドーフもでてたっけ。
つまんなかったけどクリスチャンってだけでみちゃったよ。これからも見るよ。

『Jの悲劇』(2004イギリス)
「平穏な日常が一変し混乱していく男の姿を緊迫感溢れるタッチで綴ってゆくサスペンス」なんだけど、さすがイギリス映画、やはり淡々と言う言葉がうかんでしまう。いい意味で。
主人公(男)が同じ事故現場にい合せ、出会った男に付きまとわれ、精神的に追い詰められていく。
脅迫の為に付きまとってると思いきや実はストーカー(ホモってわけ)。
しかしサスペンスって言うほど怖さは演出されていなくって、心理映画って感じであった。
このストーカーを演じたリス・エヴァンスって俳優は味があるわ~。
そしてなぜ“J”の悲劇なのかわからなかったが、主人公とストーカーの頭文字がJなんだわ・・・・
このタイトルも「どうよ?」。

『チャーリーズ・エンジェル』

TVでやってたから前に見たけどみちゃった。
単なる娯楽映画。でも私は ドリュー・バリモアが大好きだからいいの。

『キス・キス・バン・バン』(16日観賞)
あぁ、もう!ロバート・ダウニーjr大好き!!!
すっかりヨレヨレになっちゃったけど、やっぱり好き!何がすきなのかわからないけど、
濃い顔も好きだし、情けないダメ男、口先三寸、そんな感じの役柄をこなすのも好き。
ペラペラ喋ってるときの雰囲気が好きなのかなぁ。
強い目も好きなのかなぁ。
内容もブラックでオフビートで面白かった。巻き込まれ型のクライム・サスペンス?・コメディ。
もっともっと見ていたい俳優だから、ドラックは程ほどに(苦笑/「程ほど」もどうかと思うけど)

『GOAL!』(20日観賞)
TVでやってたのでついついまた見てしまった・・・・。
英国ニューカッスルが舞台なのでついつい・・・・。内容はアメリカン・サクセス・ストーリー(米英合作だから・・・俳優は英国、作りは米国って感じかなぁ。イギリス映画らしい癖のある感じが全くなしないんだよね・・)

『ロンゲスト・ヤード』(26日観賞)
『パイレーツ・オブ・カリビアン/』(27日観賞)
『フォーブラザーズ/狼たちの誓い』(27日観賞)
『ハイウェイ・マン』(31日観賞)
[PR]
by tomspecial | 2007-05-16 01:37 | 映画の話

3月映画鑑賞記録

『GOGOガジェット』(1日深夜)
『イン・ドリーム』(1日深夜)
『戦場の子供たち』(2日深夜)
『時計じかけのオレンジ』(22日深夜)
『スナッチ』(26日夜)
『オーシャンズ12』(26日)

今月もちょっとしか見なかったわ。
この5本の中では「いい作品」かどうかは別にして、好みは「インドリーム」。
大好きな俳優、ロバート・ダウニーJrが女装してるってのがポイント高い(笑)
[PR]
by tomspecial | 2007-03-03 00:17 | 映画の話

2月映画鑑賞記録

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

『ルーズベルト 大統領の保養地』(1日深夜)
アメリカ/2005 出演ケネス・ブラザー/シンシア・ニクソン
大統領になる前にポリオにかかって半身不随になったフランクリン・ルーズベルトの苦悩を描いた伝記。
彼の半生なんて全然知らなかった・・・・。いや知ってるのは3期つとめてニューディール政策をやったとか、そのくらい・・・。
(いやその政策だってよく知らない・・・・)
日本人にとってはあまり人気のない大統領ってこととか・・・。(歴史をしらなすぎで・・・)

『ボディ・ダブル』(3日深夜)
アメリカ/1985年 監督 ブライアン・デ・パルマ
ヒッチコック信者の監督がヒッチコックの映画をモチーフにして作り上げた映画だそう。
確かに確かにヒッチコック映画にエロさを上乗せした様な映画だったわ。
そしてサスペンスなのになんとなく可笑しかった。
後半ででて来るポルノ女優役がメラニー・グリフィスだったとは知りませんでした・・・。
それから「フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウット」の『リラックス』が使われていて、
そのまんまPVみたいに彼らも出ていた。
あのシーンは何だったのだろう・・・・?

『日本の裸族』(10日深夜)
日本/2003年 監督 奥秀太郎
なんと言うのだろう・・・・まぁこの手の映画はもっとアングラなのも沢山見てきてるから
「生理的に受け付けない」ってことはないのだけど、
好みではなかった。
奥監督っていう人の創造感覚は常人ではないのだろうなぁ。
今人気の松尾スズキ、阿部サダヲなどが出てるから、
見ちゃったっ普通の人には苦痛だったのじゃないだろうか(笑)
でも彼等を好きな人はあの手の映画が好きな人も多いのだろう。
なんとなく見ちゃった映画でした。
(阿部さんはとっても好きになってしまいそうな俳優だから、
あまり見ないようにしてるのだけど(笑))

『フライト・プラン』(11日夜)
『ダブル・ジョパディ』(?日深夜)
『CUBE ZERO』(16日夜)途中まで
『テルマ&ルイーズ』(18日昼)
[PR]
by tomspecial | 2007-02-04 23:21 | 映画の話

1月映画鑑賞記録

記憶のための記録。見た映画をどんどん追記していきます。

今月は全然見てないなぁ・・・・

『ミリオンズ』英米合作
まさしくダニー・ボイル!な映像の映画!!
大好きな「シャロウ・グレイブ」を彷彿させる。
大金を拾った弟が可愛いいわ。沢山の聖人が妄想?となって出てくる演出が素適だった。
ファンタジーの中の赤裸々なリアルが面白い。

『コレクター』英米合作 1965年(モーガン・フリーマンのじゃない)
テレンス・スタンプが若くて美しかった(笑)
レテンスと言えばプリシラを思い出してしまうから・・・あれはあれで素適だ!

『ネバーランド』
良かった!!すっかりピーターパンの元となる話しだと言う事を忘れてみてた・・・。
思いのほか悲しい複雑な心を描いたストーリーだった。
ジョニー・ディップはファンタジックな役をやらせたら本当に素晴らしい役者だわ。
あの無垢な目線にやられちゃうんだわ・・・・。キアヌとは違った無垢な感じ。

『僕の神さま』
「ナチ占領下のポーランドでユダヤ人を偽ってカトリックとして生活していく少年~」
ハーレイ・ジュエル・オスメントが熱演(・・・)してる。身を寄せた先の弟くんが可愛いのだけど、
子供(幼年)とはいえこの子のする行動に違和感を感じて、最終的にもこの子の取った行動が映画として納得いかない。
でも神父役のウィレム・デフォーが素適。
好きなタイプの映画ではなかったな。

『フリーダ』
なかなかウイットに富んだ場面や、コラージュやクレイアニメなどとても凝った手法の撮影が素晴らしい。
そしてフリーダ・カーロの絵と波乱に満ちた生涯が魅力的だ。
彼女の絵は知っていたけどあんなに苦痛に満ちた生涯だったとは知らなかったわ。
[PR]
by tomspecial | 2007-01-10 15:14 | 映画の話

掘り出し物

今日はいい映画に出会えてラッキーデー。

録りっぱなしで放置していたVIDEOに入っていた映画。
『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』
とても良質な素晴らし映画だった。

ずぼらな性格ゆえ、録ったままにした映画を随分たってから見る事のほうが多い。
そんな風にして見た映画が「いい映画」だったりすると、決まって思う事がある。
「なぜもっと早く見なかったんだよ、私!!勿体ない!!!」って(笑)
今日はそんな映画を見ることができた。

実は近日中に録り溜めた映画が入った沢山のVIDEOを処分しようと考えてる。
(自治体のゴミ回収の改正による事情・・・・)
場所も空けたいし、丁度いい機会だと思っているのだけど、いかんせん凄い数。
見ないで捨てちゃおうとも思うのだけど、こうやって良質な映画を見ちゃうとそうも出来ない。
ダイヤの入った原石を知らずに捨てちゃう様なものだもの。

そんな事情でこれから頑張って映画をコンスタントにガシガシ見ていこうと思っているのです。
そしてここにある程度記録できたらって思うので、
ちゃんとスムーズに消化できているかどうか日記の上がり具合でわかるわけです(笑)
[PR]
by tomspecial | 2006-12-24 03:54 | 映画の話

~12月映画鑑賞記録

『戦場のメリークリスマス』
『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』
『スウィート・ノーベンバー』
『ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還』
『チャーリーとチョコレート工場』
『コープス・ブライド』
『アイドルとデートする方法』
『アナコンダ2』
『ヴェニスの商人』
『仮面の真実』
『ケーブルガイ』
『50回目のファーストキス』
『コンスタンティン』
『サイモン・バーチ』
『バス男~ナポレオン・ダイナマイト』
『バッド・エデュケーション』
『フライ・ダディ・フライ』
『ブラザーズ・グリム』
『フランケン・フィッシュ』
『ベルリン僕等の革命』
『マシニスト』
『ライフ・アクアティック』
『ラスト・サマー』
『トーキング・オブ・セックス』
『奥様は魔女』
『スター・ウォーズ』全エピソード6作
『スピード・キング』
『フラット』
『ロング・エンゲージメント』
『トラック野朗 熱風5000キロ』
『ベルリンの奇跡』
『THE有頂天ホテル』
『エイリアン4』
『激突』
[PR]
by tomspecial | 2006-12-01 02:17 | 映画の話

観賞映画記録9

前回から1ヶ月、その間にみた映画を羅列。
も忘れてる映画も多し。

『GOAL』

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『ターミナル』

『ボーンプレマシー』途中から
(『ボーン アイデンティティ』を先に見ないといけなかった・・・失敗)

『コンスタンティン』

『キューティブロンド/ハッピーMAX』

『シークレット ウインドウ』

『真夜中の弥次さん喜多さん』

『グッバイ レーニン』
[PR]
by tomspecial | 2006-05-12 23:54 | 映画の話