only living for today


by tomtomthomas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

下らない話

さっき「どうでしょうBBS」を読んでいて、
藩士の方が4月に転職したばかりの会社を辞める事に決めたと、そしてその方
「「辛いこと、苦しいことを我慢するのが仕事じゃないか」とか、
ついつい『思い込み』がち。
ホントはそんなに我慢しなくてもい~んじゃないかと、片方ではわかっているだけにバランスが悪い。」

と書かれていて、それの返事で藤村D が
「仕事において「辛いこと、苦しいことを我慢する」のは、必要だと思いますよ。まず我慢したうえで、その辛さに慣れていくのか、それとも、努力して辛いことを楽しいことに変えていくのか、そのどちらかだと思います。仕事において我慢することをやめてしまうのは、決していいことだとは思いません。」

と書かれているんです。う~ん・・・正論かもしれない。確かに。
でもどうなんでしょう?
書き込んでいる方がどこまで辛い思いをされたのかは分りかねますから、
書き込まれた方がどうの、というのはさておき、(そこが重要でしょうがここは強引に)
藤Dの素晴らしい正論に反論

辛い事を我慢し、慣れた先に何かあるとは限らない。

確かに努力もせずにすぐに「つまらないから、きついから云々」でやめてしまってはいけない。これは当然の話。問題外。

「彼らのようにやり甲斐のあることをやっていればそうだろうけど」
などと言えばそれこそ反論されるに違いない。
彼のように努力して積み重ね結果を出してきた方には到底敵わない。
敵わないのだけど、少し反論をしてみたくなる。

我慢が出来ない事があるはず。どうしても向かない物もある。
身体に、精神に支障を来たす仕事がある。
過労死だとか、精神崩壊だとか、極論を言っているわけではない、
でも、多少のことは我慢をしろというのであれば、
それにはその先に、その最中に「何か」があってのこと。
それが仕事ではなく、家庭や自分の事であっても「何か」がなければそれ程の苦痛を我慢する意味は?

あぁ、藤村Dと議論できたら面白いのに。
きっと私は自分の薄さかげんに落ち込みながら、それでも持論を
彼にぶつけ、イライラしたりもどかしかったりしながら
フル回転していく脳味噌にワクワクするんだろうなぁ。

何かいてるんだか・・・・。
[PR]
by tomspecial | 2005-04-27 23:06 | 言ってみる